KISS FC V1 概要 設定など

5 min 52 views

KISS FC V1 自分の記録用記事

The KISS Flight Controller is a 32bit multirotor controller by Felix Niessen, Flyduino
This F3, 32bit flight controller and accompanying firmware were designed and built with simplicity in mind. Both creations strive to be as minimalist as possible, thus providing the user with one of the quickest configurations/setups prior to getting their multi-rotor airborne. The flight controller’s firmware is custom made by Felix Niessen,titled “KISS FW”. The KISS Firmware features Felix’s custom “KISS PID Controller” and a fixed loop-time of 980Hz.

KISS V1 設定YOUtube URL


https://www.youtube.com/watch?v=m7bH5Qd_9fA

KISSフライトコントローラーは、FlyduinoのFelixNiessenによる32ビットマルチローターコントローラーです。 このF3、32ビットフライトコントローラーおよび付属のファームウェアは、シンプルさを念頭に置いて設計および構築されています。どちらの作品も可能な限りミニマリストになるよう努めており、マルチローターを空中に飛ばす前に、ユーザーに最も迅速な構成/セットアップの1つを提供します。フライトコントローラーのファームウェアは、FelixNiessenによって「KISSFW」というタイトルでカスタムメイドされています。 KISSファームウェアは、Felixのカスタム「KISSPIDコントローラー」と980Hzの固定ループ時間を備えています。

Specifications

Supported multi-rotor types:

  • Tri
  • Quad +/x
  • Hexa +/x

Supported RX types

  • PPM Sum
  • Spektrum Sat. (serial / DSM2 & DSMX)
  • Futaba / Taranis SBUS
  • Jeti ExBus
  • Graupner SumD / SumO
  • MultiPlex
  • Classic RX with single channel output

Processor Specs

STM32F (STM32F303CCT6)

  • Core Processor: ARM Cortex M4
  • Program Memory Type: Flash
  • Flash Size (Bytes): 256 kB
  • RAM Size: 40 kB
  • Speed: 72 MHz
  • No of I/O Lines: 37
  • Interface Type / Connectivity: CAN / I2C / IrDA / LIN / SPI / UART / USART / USB
  • Peripherals: DMA / I2S / POR / PWM / Watchdog
  • Number Of Timers: 10
  • Supply Voltage: 2 to 3.6 V
  • Operating Temperature: -40 to +85 °C
  • On-Chip ADC: 4-chx12-bit
  • On-Chip DAC: 2-chx12-bit
  • Watchdog: 2
コアプロセッサ:ARM Cortex M4
プログラムメモリタイプ:フラッシュ
フラッシュサイズ(バイト):256 kB
RAMサイズ:40 kB
速度:72 MHz
I / Oラインの数:37
インターフェイスタイプ/接続性:CAN / I2C / IrDA / LIN / SPI / UART / USART / USB
周辺機器:DMA / I2S / POR / PWM /ウォッチドッグ
タイマー数:10
供給電圧:2〜3.6 V
動作温度:-40〜 + 85°C
オンチップADC:4chx12ビット
オンチップDAC:2chx12ビット
ウォッチドッグ:2

Gyro & Accelerometer

MPU6050

  • Gyroscope operating current: 3.6mA
  • Standby current: 5μA
  • Accelerometer normal operating current: 500 μA
  • Low power accelerometer mode current: 10μA at 1.25Hz, 20μA at 5Hz, 60μA at 20Hz, 110μA at 40Hz
  • VDD supply voltage range of 2.375V-3.46V
  • Operating Temperature: -40 to +85 °C
ジャイロスコープの動作電流:3.6mA
スタンバイ電流:5μA
加速度計の通常動作電流:500μA
低電力加速度計モード電流:1.25Hzで10μA、5Hzで20μA、20Hzで60μA、40Hzで110μA
2.375V〜3.46VのVDD電源電圧範囲
動作温度:-40〜 + 85°C

General Flight Controller Specifications

  • Weight: 4.6g
  • Mounting Holes: 3x3cm pattern, with 3.2mm holes (widely compatible)
  • Voltage: 2-6S

ESCのファームウェア更新

ESCs are flashing
You need ESCs with at least version 1.02 (Tutorial) to use this feature. To flash a LiPo must be connected.
Again, for safety resons: Remove props!

ESCのキャリブレーション
すべてのKISS32ビットESC / DSHOTをキャリブレーションする必要はありません。
常にプロペラなしでこのプロセスを実行してください!


KISS FCを飛行方向の矢印の方向に揃えたくない場合は、このメニューでKISSFCを回すことができます。各軸に正または負の角度を指定できます。 ネガティブ=左に曲がる 正=右に曲がる ヨー制御方向 Möchtestdu、dass die Propellernachaußendrehen、kannstduesüberdiesesHäkchenaktivieren。 RXデッドバンド 中間位置付近の制御コマンドをある程度中間位置として解釈/「平滑化」するFCファームウェアの設定。リモコンが常に真ん中の位置に正確に当たるとは限らない場合、またはチャンネルが「揺れている」(前後にジャンプしている)場合に必要です。 0(影響なし)から250(最大影響)までの値を入力できます。 シリアル構成 「シリアル構成」の下で「高度なシリアル構成を使用する」をチェックすると、シリアルインターフェース1、2、3、および5の個別の機能を割り当てることができます。 あなたには選択肢があります:

モーターテスト 「モーターテスト」では、「モーター」の下の「テスト」をクリックしてこれを行うことができます。 注意:フライトコントローラーでプラグインされたLiPoを使用する場合は、必ずプロペラを取り外してください。

LiPoのプラグを抜く
「データ出力」タブの「モーターテストを有効にする」をクリックします
モーターの横にあるチェックボックスをクリックします
リモコンの電源を入れ、各PWMチェックボックス1〜4をチェックします
100%スロットルを与えると、スロットルはレシーバー領域で2000に移動する必要があります
リポを差し込み、モーターのビープ音が聞こえるまで待ちます
「モーターテストを有効にする」のチェックを外します
脂肪を抜き、USBを抜き、ラジオをオフにします
エアモード
エアモードをアクティブにするには:「最小コマンド」を1000に設定し、AUXチャネルで準備します
ESCが点滅している
この機能を使用するには、バージョン1.02(チュートリアル)以上のESCが必要です。フラッシュするには、LiPoを接続する必要があります。
繰り返しますが、安全上の理由から:小道具を取り外してください!

「SELECTREMOTEFIRMWARE」をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示され、目的のファームウェアを選択できます。続行するには、「ダウンロード」を押してから「フラッシュファームウェア」を押します。 または、「SELECT LOCAL FIRMWARE」を使用すると、コンピューターからファームウェアファイルを選択してアップロードできます。ここからダウンロードできます。 KISSESCを構成する 「KISSESC情報」の下に、対応するシリアル番号とファームウェアバージョンを持つすべてのESCが一覧表示されます。 モーターの回転方向または3Dモードは、「KISSESC設定」で設定します。
akira

akira

ドローンを飛ばしていて気づいたことを書いているブログ。ほぼ自分用の日記です。ラジコンカーをはじめようと思って作ったブログなんですけど、ほとんどドローン関連のことしか書いてないです。ちなみにDRONE BLOGというサイトも運営しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です