「FatShark Dominator HDO2」レビュー!最強のFPVゴーグルです

2 min 153 views


今回はFatSharkの最上位機種の「FatShark Dominator HDO2」をレビューしていきます。
Amazonなどの日本のオンラインショップでも販売されていますが、安く購入するなら海外通販のbanggoodがおすすめです。

おすすめのFPVゴーグルは下の記事紹介しています↓
>>2020年 ドローンにおすすめのFPVゴーグル10選!ランキング形式で紹介

5.8Ghz FPVゴーグル FatShark Dominator HDO2 スペック

瞳孔距離の調整 54〜74mm
FOV 46度
内臓録画機能 あり
解像度 1280×960
4:3
焦点距離の調整 あり
+2 -6
周波数範囲
サイズ 169.2×80 X 45.5ミリ
重量:206.8グラム
価格 55000円(2019年11月banggood)

FatShark Dominator HDO2 セット内容

  • Diminator HDO2ヘッドセット×1
  • 7.4V 18650バッテリーケース×1
  • 専用収納ケース×1
  • レンズクリーニングクロス×1

「FatShark Dominator HDO2」の特徴や変更点

ボタン配置は「FatShark Dominator HDO」とかなり似ています。
外部モジュールなどは前作のものを使用できます。

「FatShark Dominator HDO2」解像度がアップ

まず「FatShark Dominator HDO」からパワーアップしたところは、解像度が 1280 X 960にあがったところです。
Skyzone sky03oは解像度があがったことにより、画面に表示される文字が小さくデメリットもありましたが、「FatShark Dominator HDO2」はそんな感じもなく、ちょうどよい文字の大きさでみやすいです。

Skyzone sky03Oはコントラストが強すぎてあまりすきではなかったのですが、「FatShark Dominator HDO2」はそこもちょうどよくていい感じでした。

IPDの調整幅が大幅にアップ


IPDの調整幅が大幅にアップしているところはかなりおすすめポイントです。
54〜74mmで、2019年11月1日時点で発売されているモデルの中では調整幅はNO.1だと思います。

自分は顔デカなので、ここはかなりうれしいところ。

実際に装着してみたんですが、幅をほぼ最大にしてちょうどぴったり合ってすごく気に入りましたね。
「FatShark Dominator HDO」はちょっと幅がたりない感じでしたので。

画面比率の変更ができるのが最高

画面比率を「16:9」「4:3」と変更できるんですけど、ボタンをポチっとするだけで簡単に変更できてレスポンスもいいです。
しかもどちらの比率でもみやすい!!

スカイゾーンやイーシンからも「16:9」「4:3」両方使用できるFPVゴーグルは発売されていましたが、どちらかは見ずらかったりしてイマイチだったんですけど、「FatShark Dominator HDO2」に関してはどちらの比率にしてもみやすくて最高です。

最後に


2020年1月8日現在で発売されているFPVゴーグルの中で最強の品質の商品だと思いました。
「16:9」と「4:3」の画面比率の切り替えも簡単にできるところも最高です。
もうこれに勝てるFPVゴーグルがあるとするなら「Orqa FPV」くらいかもしれませんね。

2020年11月追記:「Orqa FPV」も購入しましたが、DVRの映像は最強でしたが、見やすさに関してはHDO2の方が上だと思いました。

akira

akira

ドローンを飛ばしていて気づいたことを書いているブログ。ほぼ自分用の日記です。ラジコンカーをはじめようと思って作ったブログなんですけど、ほとんどドローン関連のことしか書いてないです。ちなみにDRONE BLOGというサイトも運営しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です