【2020年 100g未満】おすすめのトイドローン10選

3 min 109 views

今回は100g未満のトイドローン を紹介していきます。

100g未満のトイドローン は10万円以上する本格的なDJIなどのドローンを購入する前の練習用としてもおすすめです。

100g未満のドローンは模型飛行機

100g未満のドローンは「模型飛行機」とも呼ばれ、ドローン(無人航空機)を飛ばす時の法律の対象外になるので飛ばす場所がある程度確保できるメリットがあります。

2020年12月現在では200g未満の機種が対象外になっていますが、今後100g未満になることがほぼ決定されています。

ただ100g未満であってもどこでも飛ばしていいわけではありませんし、飛ばしていい場所だとしてもモラルを考えて飛ばす必要があります。

第三者の上を飛ばしたり、車の通行がおおい道路の近くなどので飛ばすのは危険です。

ドローンはつねに墜落するものと考えながら飛ばすようにしましょう。

【2020年版 100g未満】おすすめのトイドローン10選

ここからは100g未満の無人航空機の法律対象外の機種を紹介していきます。

Holy Stone ミニドローンHS210Pro

カメラ720P
重量33g
操作距離50m
飛行時間5分
バッテリー5分(バッテリー3個付き)
操作モードモード1/モード2変更可能
機体のサイズ82×90×27mm
価格7000円前後
その他の機能高度維持
ヘッドレスモード

Holy Stone ミニドローン HS330

カメラカメラなし
重量33g
操作距離最大50
飛行時間5分(バッテリー3個付き)
バッテリー3.7V 300mAh
操作モードモード1/モード2変更可能
機体のサイズ82×90×27mm
価格4500円前後
その他の機能高度維持
ヘッドレスモード

上で紹介したHS210Proのカメラのついていないバージョンです。FPV飛行や録画機能はついていませんが室内でドローン練習に使用したり、子供のおもちゃとしても最適です。

はじめてのドローンとしてもいいと思います。

カメラがついていないので、そのぶん価格も安いです。

Holy Stone 小型ドローン HS450

カメラなし
重量31g
操作距離50m
飛行時間6分(バッテリー3個つき)
バッテリー3.7V 300mAh
操作モードモード1/モード2 変更可能
機体のサイズ83X89X39mm
価格5380円(2020年12月現在)
その他の機能高度維持機能
ヘッドレスモード
3Dフリップ

Holy Stone HS370 ドローン

カメラ1280×720P
重量46g前後
操作距離送信機:最大50-60m(障害物なし、干渉なし)
FPV:20m~30m
飛行時間11分
バッテリー3.7V 450mAh
操作モードモード1/2自由転換可
機体のサイズ178×170×34mm
価格4000円前後(2020年12月時点での価格)
その他の機能・高度維持機能付き
・3Dフリップ

自分が購入した機体はハズレだったのかFPVの距離が20m程度でしたが、あたりがでれば50mくらいはいけるようです。そこそこスピードもでますし、スマホに空撮映像を記録することも可能です。

Holy Stone トイドローン HS220

カメラ1280×720
重量80g
操作距離50m程度
飛行時間7分
バッテリー750mAh
操作モードモード1/モード2 どちらも可能
機体のサイズ14.5 x 14.5 x 4 cm(展開時25×25×4cm)
価格6000円くらい
その他の機能高度維持
ヘッドレスモード

見た目では上の画像の状態で飛ばすようにも見えますが、上の画像の状態でも飛ばせますし、アームを広げて飛ばすこともできます。

Holy Stone トイドローン HS160

カメラ1280×720
重量83.5g
操作距離50m
飛行時間5分
バッテリー5分程度
操作モードモード1/モード2変更可能
機体のサイズ170mm×160mm×34mm
価格6000円くらい
その他の機能高度維持機能

折りたたみ式のドローンでFPV飛行も可能です。空撮はおまけ程度の画質です。

SNAPTAIN ミニドローンH823H Plus

カメラカメラなし
重量23g
操作距離30m
飛行時間6分
バッテリー3.7V 240mAh 3個付き
操作モードモード2
機体のサイズ7.5×7.0×2.6cm
価格2500円くらい
その他の機能高度維持
3Dフリップ

プロペラガードが上部にもついているので安全性は高いと思います。狭い室内でも飛ばして遊べると思います。

Holytonカメラ付き小型ドローン HT02 

カメラ1280×720P
FOV:110°
重量19g
操作距離30m
飛行時間6分
バッテリー3.7V 220mAh
操作モードモード1/モード2 変更可能
機体のサイズ115×80×45mm
価格5000円前後
その他の機能・高度維持機能
・3Dフリップ

送信機の中にドローンを収納できるおもしろい形状をしています。

カメラ付きですぐに電波は途切れまが、かんたんなFPV飛行もできます。

FPV映像はスマートフォンに録画することも可能です。

SNAPTAIN SP350 ミニドローン

カメラカメラなし
重量25gくらい
操作距離30m
飛行時間6分
バッテリー3.7v 300mAh
操作モードモード2
機体のサイズてのひらに収まるサイズ
価格2500円くらい
その他の機能・高度維持機能
・ヘッドレスモード
・3Dフリップ

価格が安いのが魅力的。

部屋で手ごろにあそべます。

まとめ

無人航空機の法律が200g未満から100g未満になっても、100g未満で手ごろに遊べるドローンがなくなったわけではありません。

それに100g以上のドローンだってちゃんとした手続きをすれば飛ばせないことはないと思います。まだその手続きがどの程度大変なのかわかっていないでなんとも言えないところはありますけど。

ただ個人的には200g未満というところは変えないで欲しかった….

DJI MINIにしろ、3インチドローンにしろ、200gスレスレぐらいのドローンを飛ばすことが多かったので…

akira

akira

ドローンを飛ばしていて気づいたことを書いているブログ。ほぼ自分用の日記です。ラジコンカーをはじめようと思って作ったブログなんですけど、ほとんどドローン関連のことしか書いてないです。ちなみにDRONE BLOGというサイトも運営しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です